カード選びは還元率もみよう!

2016/07/13 9:38:16


■カードの還元率ってなに?
クレジットカードには、それぞれポイントと呼ばれるサービスがついていることがほとんどです。カードでお買い物をする場合、100円の利用につき1ポイント、0.5ポイントといった形で、そのカードの毎月の利用額ごとにそのカード会社が管理しているポイントが付きます。このポイントはカード会社ごとにまったく違っていて、カード選びで一番重要な部分だと言っても過言ではありません。ですから、非常に低い還元率のカードを使うことになると、高い還元率があるカードに比べて同じ金額の買い物をしているのに結果的に損をしてしまうこともありますので、今回紹介する内容をもとにしっかり吟味してから選択するようにしましょう。
ちょっとしたお買い物やそのお店独自のポイントと併せて、さらにカードでもらえるポイントまで加味すれば、かなりお得なお買い物になっていくはずです。特に、ネットで定期的に購入する日用品や飲料などがある場合は支払い方法をカードにするとお得です。中には、カード決済で通常の店舗側のポイントが増えるお店があることもありますので、いつもよく使うお店や通販サイトに合わせたカードを選んでおきましょう。



■カードの還元率の種類
基本的には、前述した通りカードの利用額に応じてポイントが付きます。100円で1ポイントだったり、0.5円だったり、または、1,000円や200円で2ポイントといったカードもあります。また、カードによってはその1ポイントの価値が違っています。1ポイント=1円のものがあったり、1ポイント=0.3円のものがあったりとまちまちです。そのため、こういったポイントの考え方を総合して「還元率」といういろいろなカードのポイント制度と比較できるようになっています。還元率を考える場合、上記を踏まえて考える必要があります。ご自身のカードが何円の利用で何ポイントつくのか、そのポイントは何と交換できるのかということはきちんと把握しておきましょう。さらに、入会した初月や数カ月だけはポイント還元率が上がったり、誕生月に上がったり、各種利用シーンに合わせたキャンペーンなどを使ったりすれば、さらに還元率をご自身であげていくことが可能なカードも多数あります。
また、もうひとつ考えておきたいのが「年会費」です。カードの種類によってこの年会費はまちまちです。無料の会社もあれば、ステータス性が高いカードであれば万単位の年会費が必要となる場合もあります。そのため、単純に還元率だけを見て決めても、実は年会費でほとんどのポイントが帳消しになってしまった…ということも有り得ます。ですから、その点も注意する必要があります。
もうひとつ注意したいところは、各カードのポイントには有効期限があるという点です。もちろん中には期限がないカード会社もありますが、逆を言えば、条件によってはすぐに消えてしまうポイントもあります。あまりに短く使用頻度の低いカードの場合、せっかくコツコツ貯めたポイントがある時期をもとに一気に消えてしまうということもありえますので、そのようなカードを利用するのであれば、有効期限に注意をして使うようにしましょう。



■ポイント還元の活用方法
クレジットカードを使って買い物をした際、付くポイントは微々たるものですが、それが日用品だったり、公共料金だったり、保険といったり毎月の支出が決まっているものであれば、年間を通せば大きな金額になっていきます。そのため、できるだけ毎月支払うものに関しては、クレジットカードを介してしっかりとポイントを獲得しておくといいでしょう。特に、カードによっては自社製品や自店での利用は通常のポイントよりも多くのポイントをつけてくれるものも多くあります。携帯電話やインターネットのプロバイダー料金などにおいては、その携帯電話会社系列やプロバイダーブランドのカードで支払うことで、割引を受けたり高い還元率のポイントを得ることができる場合もあるので検討してみると良いでしょう。
また、会員ステータスやステージ制を導入し、カードの利用額に応じて会員ランクを変動させ、ステージに応じてポイントの還元率を変えてくれるカードなどもあったりします。貯まったポイントの使い方もそれぞれのカードによってまちまちです。そのまま翌月の支払いに充当できたり、そのカード会社が扱う自社製品などのカタログ商品をポイントで購入したり、商品券に交換したりとさまざまな使い方があります。ご自身のライフサイクルに合わせて、こういったポイントの使い方も吟味してみてください。
カードの還元率の考え方はさまざまな角度から考えていく必要があり、「結局どのカードが自分にぴったりなのかわからない!」といった方に向けて、要注意な検討部分をまとめてみます。
1.ポイント還元率は他社カードと比べて高いか
2.日常的に良く使うお店やサービスと連動してポイントがつくか
3.ポイントはどのように使えるのか
4.入会金はいくらなのか
5.年会費はいくらなのか
6.通常のポイント還元率の他、誕生月やステージ制があるか
この6点を元に、あなたにぴったりなクレジットカード選びをしてみてください。


※関連リンク
クレジットカードを徹底比較!目的にぴったりなカードが見つかります!
クレジットカード比較ナビ HOME


ポイント還元率の高いカードをご紹介!お好きな条件で比較しましょう
クレジットカードのポイント還元率を比較してみる

機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード