ブラックカードとプラチナカード

2016/08/17 10:27:31


■プラチナカードとブラックカードの違い
ゴールドカードは、普通のクレジットカードよりもグレードの高いカードのことです。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。所持しているだけでステイタスになるという理由から持っている方も少なくありません。ただ、世の中にはゴールドカードだけでなく、プラチナカードやブラックカードといったものもあります。どちらも、簡単には手に入れることのできないプレミアムカードです。その中でも、プラチナカードとブラックカードについてご紹介します。この2つは、クレジットカードの中でも特に上位のランクに位置している、特別なカードです。
一般的なカード、ゴールド、プラチナ、ブラックというようにランクが上がります。上位ランクのカードになれば、それだけ取得をする難易度は高くなっていきます。選ばれた人でなければ持つことができないクレジットカードということになるのです。上位になるほど特典も充実していくのですが、それに伴って年会費も高くなるのが普通になります。ちなみにすべてのカード会社においてブラックカードが発行されているわけではありません。カード会社によっては、ゴールドカードよりもプラチナカードの方が高いランクになっていることもあります。三井住友プラチナカード、アメックスといったものはプラチナカードが最も上位になります。また、プラチナカードを発行することなく、ゴールドカードの次がブラックカードになることもあります。
代表的なものとしてはJCBザ・クラスがあります。JCBカードの場合はプラチナカードがありませんが、ザ・クラスは最上位なのでブラックカードと呼ばれることがあります。また、楽天カードに関しても、プラチナカードはありません。ゴールドの上は楽天ブラックカードになります。ブラックカードですが、特典の内容はプラチナとほぼ同じになります。プラチナカードもブラックカードもどちらも非常にレアなカードであることには違いありませんが、その境目というのは明確には定義されていません。また、ANAプラチナカードの場合にはカードブランドによって年間にかかる年会費にも特典にも大きな差があります。



■ブラックカードは社会的な地位が必要になることも
アメリカンエキスプレスのように一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードといったように4種類がラインナップされているものもあります。アメックスの場合にはプラチナになると年会費は13万円なのですが、ブラックカードの場合には35万円になります。年会費の差も非常に大きいですが、取得難易度にも非常に大きな差があると言われています。プラチナカードであれば高年収の企業に勤めていれば取得するのも夢ではありません。
しかし、ブラックカードになると社長などの社会的な地位の高い人でなければ基本的には持つことができないようです。プラチナカードとブラックカードはどちらも高額の年会費と安定した収入が必要になるカードですが、ブラックカードの場合はさらに取得の条件が厳しいと言えるでしょう。



■利用限度にどんな違いがあるの?
カード会社のサイトで情報をチェックしてみると、プラチナカードは一般的なカードと同じように公開されています。取得条件は非公開であり招待制になっていますが、プラチナカードの存在は通常のカードと同じように公開されています。さらに利用限度額についても色々ですが、三井住友プラチナカードの場合、利用限度額は300万円です。
その一方で、ブラックカードというのは存在自体が公開されておらず、謎の多いカードです。楽天ブラックカードの場合には公開されていますが、そのようなものは珍しいです。利用限度額もブラックカードの場合には無制限と言われているのですが、実はブラックカードの限度額というのは個人に対してそれぞれ設定されていると言われています。
例えば、最初に利用しようとして制限に引っかかってしまっても、連絡をして利用用途を伝えることで金額が非常に大きなものに対しても利用できるようになるのです。このようなタイプはブラックカードだけではなくアメックスカードの場合にはこのようなタイプになることが多いです。このように、プラチナカード、ブラックカードというのはクレジットカード会社によって違いはそれぞれ異なります。簡単には手に入らないカードですし、詳細が分からないものだからこそ手に入れたくなるものです。
プラチナカードもブラックカードも、手に入れたいと思えばそれだけカードをたくさん使用しなければなりませんし、そのためには年収を上げるようにしなければなりません。そのようなプラチナカードやブラックカードを手に入れる、ということをモチベーションにして仕事にやる気を出す方も多いです。プラチナカード、ブラックカードの違いとその間にある条件や限度額の違いなどについてしっかりとチェックしてみてください。


※関連リンク
クレジットカードを徹底比較!目的にぴったりなカードが見つかります!
クレジットカード比較ナビ HOME


買物利用額の0.5%をギフトカードで還元!様々な優待特典付き最上位カード
三井住友VISAプラチナカードの詳細はこちら

機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード